ファイアロー

【ファイアロー】大幅強化!予想外のダメージを叩き込めファイアロー解説

概要

9月28日追記:再検証の結果ビルドにあきらかな不備がありましたので修正しました コメントでのご指摘ありがとうございました。

Ver2.1.1.3にて大きなバフをもらったファイアローのもちもの、わざ選択、立ち回りについて変更点をまとめていきます。

一番大きな変更は基本ステータスの攻撃が上昇したことです。

今までは中央でレベルを上げて周りよりも常に高いスタッツで殴り合わないといけなかったので、レーンには出れず環境的にもほかのポケモンに圧倒的な差があったため常に下火の存在でした。

上記のバフのおかげでレーンに出ても序盤殴り合える火力が出せるようになりました。一撃の威力が高いので野生ポケモンの奪い合いもそこそこやれます。新アイテムのするどいツメの実装もファイアローにとっては追い風でこの手のオールインタイプのポケモンとは高相性です。

過去に中央エリアでの解説記事も出していますのでそちらもよろしければご覧ください



わざ選択

LV1アクロバット
指定した場所へ飛んでいき、何度も攻撃する。攻撃後は指定した方向へ距離をとることができる。

LV5つばめがえし
指定した相手のポケモンに向かって飛び、ダメージを与える。また、次の通常攻撃が強化攻撃になる。
アップグレード後は、わざの与えるダメージが増加する。

追記:つばめがえし+強化通常攻撃のダメージレートがニトロチャージ+通常攻撃とほぼほぼ変わらない結果だったため、ブレイブバードを選択しなかった場合移動スキルでもあるニトロチャージのほうが優れています。
素のダメージはつばめがえしのほうが高いですが、わざ自体の攻撃依存のダメージレートはニトロチャージのほうが1.05倍ほど勝っているうえに範囲攻撃になるといえど強化攻撃と通常攻撃の差が1.2~1.25倍と移動わざを捨ててまでの魅力は薄いです。

LV5ニトロチャージ
ほのおをまといながら指定方向へ飛んでいき、進行方向にいる相手に攻撃する。それと同時に自分の移動速度が少しのあいだ上がる。

LV7そらをとぶ
わざを使って空へ飛び立つ。もういちどわざを使うと、指定した場所へダイブして攻撃し、範囲内にいる相手のポケモンにダメージを与える。また、次の通常攻撃が強化攻撃になる。
アップグレード後は、わざ命中時に相手のポケモンをふきとばすようになる。

ルート


上ルート

もちもの

するどいツメ
わざを使用した次の通常攻撃のダメージが増加する。
増加量は攻撃が高いほど多くなる。
近距離戦が得意なポケモンに持たせている場合、相手のポケモンの移動速度も少しのあいだ下げる。
・攻撃 +15
・急所率 +2.1%

ちからのハチマキ
通常攻撃の命中時、ダメージが、相手のポケモンの残りHPの割合ぶんだけ増加する。
・攻撃+15
・通常攻撃の速さ+7.5%

ピントレンズ
通常攻撃が急所に命中したとき、ダメージが増加する。攻撃が高いほど、ダメージの増加量が増える。
・急所率+6%
・急所ダメージ増加+12%

バトルアイテム

エネコのしっぽ
野生のポケモンを少しのあいだ行動できなくし、そのポケモンに与えるダメージも増加する。
クールタイム:25秒


立ち回り

エネコのしっぽを採用するとオブジェクトのラストヒットが取りやすくなります。
しかし、選択しているわざとキャラの特性上一度相手との戦闘を始めるとこちらに退路はありません。心に大蛇独歩を宿して覚悟をし戦いに挑みましょう。

追記:ニトロチャージを採用したことによって離脱も可能になりました

もちろん自分がどれだけのダメージが出るかはあらかじめ知っておく必要があるので最初のうちはだっしゅつボタンを持って使用感を試すといいかもしれません。

するどいツメとわざ使用後に強化攻撃になるつばめがえしを採用しているので技を打った後に通常攻撃を挟むことを徹底しましょう

気を付ける点は、なるだけこちらから仕掛ける場合つばめがえしから入るようにして、そらをとぶは相手の技をかわす事やきあいのハチマキなどでキルラインを見誤った場合などの脱出手段として使用できるようになるだけ温存することです。

基本は後入りが強いのでカジリガメ戦などの集団戦はなるだけ遅く入りましょう。

また、ユナイトわざで相手をオブジェクトから遠ざけることができるのでプクリンなどが無理やり近づいてきたときはじいてあげると喜ばれます。

中央エリア選択の立ち回りはこちら

まとめ

  • 技のあとは必ず通常攻撃
  • 体のもろさは変わってないのでやられる前にやれの精神で
  • 最悪そらをとぶでの戦闘離脱も視野 地形を無視できるうえ移動速度も速い
  • ユナイトわざの用途が豊富

-ファイアロー
-, , , , ,